スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三回忌

  • 2011/09/16 23:20
  • Category: Others
今日でウキワが亡くなって丸二年が過ぎました。

雲が多いけど本当にいいお天気・・・あの日を思い出しますね~。

DSC_0497_20110916164331.jpg

ちょっと前からこの日に何を書こう・・・何を書くべきか・・・

となんとはなしに考えていたんです。



丸二年経って、だいぶ気持ちも落ち着きました。

何かなければウキワを思い出すこともない日々・・・

でも、それでいいんです。


この日を迎えるにあたってウキワのブログ読み返しました。

以前にも書いたけど、あまりにも自分が前向きでビックリ!

今思い返してもあの時の正直な気持ちを思う存分書いているな~という感想。

そして本当に温かいコメントをたくさんもらっていたことに今更ながら感謝します。


今現在はかなり客観的に冷静でいられる自分がいます。

この日をなんとなくケジメの日にしようとずっと思っていました。



お花を綺麗に飾っていっぱい話しかけたのでウキワにちゃんと気持ちは通じている事でしょう。
DSC_0498_20110916220311.jpg


今日は、あの時にはあまり書かなかった逝ってしまった後の具体的な事を書こうと思います。

すっごい長文なので読む人だけポチッとして下さいね。
こういう事を書くべきか・・・

どうなんだろうと迷って結局アップします。


一生に一度の事って、普段考えていないと思います。

私もそうでした。

初ワンコがあっという間に逝ってしまったので頭の片隅にもない事を

悲しさを堪えながら段取っていくのってハッキリ言って大変でした。


ワンコは悲しいかな人よりも必ず先に行ってしまいます。


だから、ウキワの三回忌に書こうと思いました。

なんとなくでいいから生前から自分らしい(愛犬らしい)埋葬の仕方は何だろう?と

考えてもいいのかもしれません。

だって・・・その時は訳わかんなくなります。



ウキワが亡くなった場所は病院でした。

先生からペットの火葬場を教えて頂き(私は品川の方でした)二日前に納車になった車で

ウキワの亡骸を乗せ、その場所に向かいました。

この時、車があって本当に良かった!と思いました。

ただ、頼めば火葬場の方から車で迎えに来てくれる所もあります。


火葬場についてまずは申し込みをするのですが、行った場所は3種類の火葬の仕方があり

合同火葬(何匹か一緒に)・個別火葬(飼い主は立会無し)・個別、立会火葬(飼い主立会)


私は個別の火葬(飼い主の参列無し)にしました。

料金もワンコの大きさ、火葬によって違ってきます。


すごく現実的な話なんですが、普段どのくらいの料金かなんて考えもしません。

ある程度しますのでお金はちゃんと持って火葬場に行った方がイイです。
(その場所によって料金は違うと思います)

私は勝手にその日のうちに(2、3時間くらいで)お骨にしてもらって一緒に帰れるのだろうと

思っていたんです。

しかし、すでに亡くなったペット達が居てすぐにはお骨にしてもらえず、

受け渡しは三日後です。と言われました。

もちろん、遺体は丁重に保存して下さり順番に火葬されるという事でしたが・・・・


それまで、ずっと病院に預けた状態だったのでずっと一緒にいたかった私は

三日後という言葉にたぶん顔が歪んでいたんだと思います。

一緒に居てやれない自分がひどい飼い主の様に感じて悲しみが倍増でした。


でも他のペット達も同じ様に待っているのだからそれはしょうがない事・・・・

お願いしてその日は帰りました。


今でも思い出すのは、一人になった時、アホみたいに何も考えず窓を眺めていた事を

思い出します。

三日後までどのように自分を保てばいいのか・・・・

こういう時、ひとりって本当に寂しい。



次の日(だったと思う)、夕方近くに受付を担当してくれた火葬場のおばさんから連絡があり

『あまりにもかわいそうだったから、おばさん無理言って早くお願したから

いつでもお迎えに来てもらって大丈夫だよ』という電話でした。


私、号泣。


初ワンコでまだ若くて・・・という事を話した時に、

どうしょようもない顔していたんだと思います。

不憫に思ったおばさんの計らいで無理言って順番を繰り上げて早めてくれました。


もちろん、おばさんに感謝ですが、ウキワが早く私に会いたかったのかな~なんて思ったりもしました。

迎えに行った帰りにずっと住んでいた中目黒界隈のお散歩コースを通り、

駒沢公園を通ってウキワに話しかけながら帰ってきました。


その後お骨をどうするかとい事でも悩みましたが、私は実家に預けてあります。

ウキワは父の事好きだったので見守ってもらってます。


あと小さな線香立てやお骨入れなど、ペット用としてシンプルな物を置いてあるお店を見つけました。

サイト見たら今は線香立て、お皿などは扱ってないみたいですが、参考までにリンクしておきます。



飼った以上は必ず訪れる出来事ですが、こういう事って元気な時は考えないし、

もし具合が悪くなっても看病や心配ごとでその時は考えられないものです。

だからあえて書きました。

な~んとなくご参考にしてください。



そして、これでウキワと私の話はすべてです。

これからもウキワは出てくると思います。

でも、気持ち的にしずくにバトンタッチします。



会った事がないウキワの話をすると首をかしげてよ~~~く聞いてます。

絶対にウキワという存在は分かっていると思う。

ウキワもまた必ず見守ってくれていると思います。



気持ちを高めて、元気を出して、前に進むだけです。

しずくが居てくれて本当に良かった。
DSC_0383_20110916170715.jpg
ウキワ!しずくと出会わせてくれてありがとう!


すっごい長文でスイマセン
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ

関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://shizuku13.blog11.fc2.com/tb.php/169-c1454f01

Comment

1510ちゃん

同じ空見てました。
仕事の合間でしたが・・・

時が経つのって早いものですね、
それは時に残酷で、時に優しくて

ウキワちゃんの不幸に涙して
しずくちゃんのお迎えに喜んで、
あっという間の今日(昨日?)

今、僕の隣には
時に憎らしく、時にとっても愛おしい
一吾がそばにいてくれます。

いつか一吾もウキワちゃんのトコに行きます
必ず行きます、
その時に「ありがとう」って言い合えるように、
一緒にいれる時間を大切に大切に育みたいと思います。


うきわちゃん、しずくちゃん
ありがとう♪



neromama

偶然ウキワちゃんのブログを見つけ、ウキワちゃんのあまりの可愛さに、遡って一気読みしたことを思い出します。
うちにもボストンの男の子がいるものですから、ウキワちゃんが病気になってしまってからはもう他人事とは思えず、何とかウキワちゃんを助けて下さいと祈るばかりでした。あれから2年が経つのですね。
この1年で私とneroの生活も激変しました。ふたりぼっちで新しい場所で生活を始めました。
それほど遠くないいつか、neroが逝ってしまう時のことを考えるだけで恐怖です。でもウキワちゃんとチュンさんに色んなことを教えてもらった気がします。また、今のしずくちゃんとチュンさんのブログを拝見して、いつも前向きな気持ちになります。ウキワちゃん、しずくちゃん、チュンさん。
ありがとうございます。長々と失礼しました。
  • URL
  • 2011/09/18 20:02
  • Edit

チュン

☆1510ちゃんさん

ありがとうございます。
穏やかな青空でしたね~。あの時と同じ感じでした。

本当に・・・
時間しか解決してくませんが、一分一秒と、その時間と向き合っていく事は大変でした。
一言では言い尽くせない。でも過ぎてしまえばそれもいい想い出になってしまうんですよね~。

一吾君にとって、1510ちゃんさんにとってなんでもない大切な時間を長く共有し、お互いじい様になれる事が一番ですね!

自分の事で精一杯でしたが時間置いて感じるのは、こうして温かい心で自分の事の様に応援してくれたみんながいた事がどれだけ心強かったか。
しんみりと三年後に改めて感じてます。

こちらこそ、ありがとうございます。



☆neromamaさん

neromamaさん、憶えています。
コメント入れて下さっていましたよね。
2年なんて言葉では一言で終わってしまいますが本当に大変でした(笑)
でもそれも過去形になった事が一番うれしい。

人間生きていれば必ず身近な死を経験します。
恐怖だと思うし、寂しいし、悲しいです。でもそれでももがいて、もがいて時を進めればきっとなにか違ったものが見えてくると思います。
きっとペットはそんな力を与えてくれるんですよ。

neromamaさんも新生活始めたようですが、経験豊富な私ですので何か困った事あったらいつでも相談のりますよ!気兼ねなく連絡下さい!

ありがとうございます。
今を楽しんで下さいね♪
  • URL
  • 2011/09/20 00:21

ブルースカイ

はじめまして。
2年前のまったく同じ日に6才のボストンの男の子を亡くしました。脳腫瘍でした。
私の住む北海道には獣医科のある大学がありますので、そこで手術をしてもらったのですが、発病から10ヶ月で息を引き取りました。
あまりにも悲しく、二度と犬は飼わないと思っていたのですが、妻の強い希望もあり今年の2月からボストンの女の子と暮らしています。
それまではペットショップにいっただけでも涙を流していたのですが、その子がうちに来てからはそういうことも無くなりました。
前の子のことは決して忘れることは無いのですが、今は楽しい毎日を過ごしています。
  • URL
  • 2011/09/24 09:37

チュン

☆ブルースカイさん

はじめまして。
同じ日が命日ですか。2年経ってしまいましたね~
ペットを亡くすと人間とはまた違った感覚の寂しさがあるんですよね、今回それがよく分かりました。
ポッカリ空いた穴は時間で少しずつ埋まってはきますが、やはりペットと触れ合う事でしか埋まらない穴があると思います。
ボステリの女の子を迎えられて私は良かったなぁ~と感じます。

前の子が居たからこそ今の子と出会えたことに感謝しながら・・・・・
前の子と同じようにたくさん今の子を可愛がりましょう。

ブルースカイさんも今のボステリちゃんと今を楽しんで下さいね。
コメント入れて下さってありがとうございます。
私もしずくと今を楽しみます♪
  • URL
  • 2011/09/26 21:00

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

・・ profile ・・

チュン

名前 * しずくSしずく
犬種 * ボストンテリア
誕生 * 2009・11・13
出生 * 奈良
体重 * 6.1kg
----------------------------
飼主 * チュン ♀

・・ calendar ・・

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

・・ ranking ・・ 

・・ カウンター ・・

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。